Re-fitについて

施設概要

『からだの学舎Re-fit』は、ドイツやスイスでのヨーロッパスタイルのリハフィットネスにヒントを得た尾陰由美子が、25年間、腰痛改善や膝痛改善、姿勢改善、スタイルアップに取り組む中で、ヨガやピラティスなどさまざまなボディワークを融合させた「機能改善体操」を考案し、その指導実践に基づいて展開される施設です。

自分の身体を理解し、意識することで、身体が変化し、自分自身が身体と心を健康にする場を提供していきます。すべてのプログラムが、グループワークという人と人が関わる中でコミュニケーションを主体としたプログラムです。
自分自身のために行う健康づくりが、家族のためであり、地域のためでもあり、社会のためにもなることを体験し、社会的健康づくりに積極的にチャレンジしていきます。自分自身ができることを見出し、誰かのためになることを学ぶ場にもなります。

私たちは、身体のこと、健康のことを楽しく学びながら、人との交流を深め、自分の可能性にチャレンジをすることで、仲間とともに感動を創出し、共有することを使命と考えています。

インターネットラジオで「からだの学舎Re-fit」について語りました

自立と自律のための身体を学ぶ学校・運動や栄養・休養など、新しい視点に立った生活提案をしていきます。・人と人とのつながりを大切に、社会とともに成長し、貢献していきます。・自分自身を知ることで他人の為にできることを学んでいきます。

Re-fitとは?Re 再生する身体、再びCEF・Re-conditioning・Re-education・Re-fitness。f・・・functional 機能的な、役に立つ。i・・・intelligent 知的な、理解して。T・・・team(mate) 複数で、仲間と。機能的に、知的に、仲間とともに身体のことを学び、 健康のことを学ぶ活動的な場(ActSpace)です。

生活-・栄養・休養・社会性。身体-・解剖学・生理学・キネシオロジー。姿勢-・座位・立位 ・歩行。動き-・日常動作・身のこなし・パフォーマンス。

コンセプト

1から学ぶ、大人の健康塾!最初からちゃんとからだのこと学べます。身軽に気軽に手軽に学べる3軽エクササイズ®機能改善、体調改善、生活改善本格的にからだのこと、健康のことを学ぶヨガ、ピラティスフィットネスジムです。~身体で遊ぶ、身体で学ぶ~

このままがいいですか?・病気と付き合っていく・痛みとずっと戦っていく・不安と一緒にいる・悩みながら過ごす・あきらめた人生を過ごす→自分の力で自分が動いて自分が学んで→こんな自分になりたいですか?・病気より健康を手に入れる・痛みより楽さを感じる・不安より期待をもつ・悩みより可能性を信じる・あきらめるよりチャレンジする

健康の階段。自立と自律。学んで自己実現をしていく。動いて感じて変化する。正しい知識と情報を得る。・自分の身体を理解し、知覚する場・自分の手で身体と心を健康にする場・人と人が関わる社会的健康づくりの場・自分のために誰かのためにできることを見出す場・学びを深めチャレンジをする場・仲間とともに感動を創出する場

このページのトップへ