スタッフブログ
スタッフブログ

ストレスと呼吸

いきなりですが、 『皆さんは日々ストレスを感じるときがありますか?』

無ければいいのですが、周りの環境や人付き合い、自分の身体の調子などによって、ストレスを感じてしまいますよね…。

そんな時って呼吸が浅くなっていることも多いです。

一度1分間の呼吸数を数えてみましょう。
FullSizeRender
自然な状態で座り(私は胡座が楽なのですが、正座でも、足を崩しても構いません。
手も合掌せずに自然なところに置いといて大丈夫) 【吸う・吐く】で一回として、一分間自然に呼吸してその回数を数えます。

20回以上だと呼吸が浅いといわれています…。 いかがでした?

呼吸が浅いという事は、呼吸するときに使う筋肉が硬くて充分に息を吸う・吐くが出来ない状態です。

それは自律神経の働きが関係することもあります。
ストレスを感じるときは、自律神経のバランスが崩れているのが原因の一つ。

自律神経って、緊張とリラックスをコントロールする役割があります。

頑張るときは少し緊張して、身体休めたいときはリラックスして。

でも プレッシャーのかかる仕事や場面が多い
人との関わりの中で、不安や恐怖を覚える時が多い

自律神経の緊張が優位になる。

緊張の優位状態が続くと、筋肉も緊張して硬くなりがち。

筋肉が緊張して呼吸で使う筋肉も硬くなり、呼吸が浅く・深くなります。

よって呼吸が浅いときは自律神経の働き・バランスが崩れて、ストレスを感じている状態

もしストレスを解消したいのであれば、

ゆっくりとした呼吸を行う

リラックスの状態が出来る

自律神経のバランスが整い、ストレスを感じにくくなる…

といった循環が期待できます(#^.^#)

ここ、堺・なかもずのフィットネスジム
身体の学舎Re-fit
では、肩や腰、背中などの筋肉の緊張をほぐすエクササイズが出来ます。
そうする事で呼吸がしやすくなります。
ゆっくりとした呼吸で行うヨガもおすすめ。

呼吸からストレス改善してみませんか?

体験レッスンは随時受付中です。
075-260-4085
http://karadanomanabiya.com/
皆様のお越しをお待ちしてます!

 

 ishii02

執筆担当:石井

カテゴリー

アーカイブ

このページのトップへ