スタッフブログ
スタッフブログ

フレックスクッションでストレッチ♪

こんにちは(*’ω’*)
堺市中百舌鳥にあるフィットネススタジオ「からだの学舎 Re-fit」スタッフの竹内です♪



からだの学舎 Re-fitには、たくさんのエクササイズツールがあります✨

ヨガマットやバランスボール、ダンベルなどといったメジャーなものから、
ウェーブリング、ソフトギムニクボール、バランスディスクなど
知る人ぞ知るステキなツールもあります🌸

レッスン中に使用することはもちろん、
レッスン開始までに時間がある時に自由に使ってもらったり、
プライベートレッスンでは「あの道具使ってみたい!」といったご要望にもお応えできます♪





さて、たくさんあるエクササイズツールの中でも私が気になってるツールは…
この「フレックスクッション」です!!

フレックスクッション


一目見た感じでは、ただの台形のクッションのように見えますね。
では、このフレックスクッションのなにがすごいのでしょうか。




実はこのクッション、相撲の「股割り」をヒントに開発されたストレッチツールなんです。
相撲に長く携わってきた開発者の方が、「『土俵の俵』にお尻を乗せると股割り(開脚ストレッチ)しやすい」との
発見を活かして開発されたそうです。





果たして本当にストレッチしやすくなるのでしょうか?
試してみました!


まず、何もない床で両脚を開き、前屈…
ブログ用画像2

き、きつい…
脚は精一杯開きましたが、前屈が全然できていませんね(´・ω・`)





続いて、フレックスクッションを使って開脚…
ブログ用画像1

伸びる~!
脚の付け根のあたりが先程よりもずっと伸びているのを感じます。





フレックスクッションを使うと、お尻を上げることで重心の位置が調節できます。
開脚前屈の場合、平常時は後ろに重心がかかってしまいがちです。
しかし、フレックスクッションを使用することで重心が前に傾いて楽に前屈ができるようになりました。





このツールは、少ないストレスで正しい姿勢でのストレッチ運動をサポートするため、
柔軟性や筋力に不安がある方
姿勢が気になる方 に特におすすめできます。





もちろん、用途は上記のストレッチだけではありません。

クッションを挟んで座り、骨盤を前後に動かして行う「骨盤調整」、
クッションの前にお尻を置いて、腹筋運動の補助をする「体幹トレーニング」。
そのほかにも、さまざまな使い方ができます。

ピラティスヨガとも相性が良いので、クッションを使ったポージングを取り入れてみても
面白いかもしれませんね。





からだの学舎Re-fitでは、少人数制またはパーソナルレッスンを行っているため、
自分のからだに合ったエクササイズツールの使い方をインストラクターから直接学べます(*´ω`*)

自分のお気に入りツールを見つけ、楽しくからだを整えませんか?

体験・レッスンのお申込み・お問い合わせはこちらから♪


 

からだの学舎Re-fit
〒591-8023 大阪府堺市北区中百舌鳥町5丁764-2 中百舌鳥ビル2F
南海高野線「中百舌鳥駅」南口/地下鉄御堂筋線「なかもず駅」6番出口より徒歩4分
TEL&FAX: 072-260-4085



カテゴリー

アーカイブ

このページのトップへ