イベント
イベント

ドラム瞑想セラピー 2019年2月2日(日)

ドラム瞑想セラピー 2019年2月2日(日)

西アフリカの伝統太鼓『ジャンベ(jembe)』を使用し、リズム誘導で腹式呼吸瞑想に入る【ドラム瞑想セラピー】が開催されます。
なかなか触れる機会が少ない『ジャンベ(jembe)』の演奏を体験できたり、
ジャンベ(jembe)の誘導で腹式リズム呼吸を行い、瞑想に入るドラム瞑想セラピーも行われます。
また、ジャンベの波動を感じながら、リズム呼吸を行うことでヨガのポーズをより心地よくスムースにするドラム瞑想セラピー&機能改善ヨガレッスンもございます!


講師は、寺島基浩さん。

12才からドラムをはじめる。同級生らとバンド活動開始。
アマチュアとして34年間ドラムを演奏し続ける。
20代の頃に約1年スクールに通うが、教えて欲しいことを教えてもらえないレッスンシステムに疑問を感じスクールをやめる。以後、独学で基礎を習得。
これまでの参加バンドは100を超え、ポップス、ロック、R&B、ブルース、ソウル、ファンクなどを中心としたドラミングを習得。
22年間のサラリーマン生活でパニック障害と鬱を体験し自分の魂と繋がり自分の人生を生きる重要性に気づく。
テクニカルなことはもとより、太鼓を通して「自分の人生を生きる」ことをサポートすることを決意。 
打楽器の演奏活動、教室でのテクニカルな指導は元より、
西アフリカの伝統太鼓『ジャンベ(jembe)』を使用しリズム誘導で腹式呼吸瞑想に入る【ドラム瞑想セラピー】の普及にも力を注いでいる。

 

①13:00〜14:00 ドラムパーカッション体験レッスン 定員7名
ジャンベ体験。音量を気にせず叩いていただいて、ジャンベの生音、空気の振動を体感していただきます。西アフリカの伝統太鼓 ジャンベ(jembe)は生命の根源といわれているアフリカで発生した伝統的な太鼓です。

素手で打つことによる手のひらからの刺激と温かい音色は「今ここに在る自分」を実感させてくれます。
さあ、アフリカンリズムで新しい自分を発見しよう!
初めての方でも安心してご参加いただけます。

②14:15〜15:15 呼吸と瞑想のドラムセラピー 定員15名
ドラム瞑想セラピーとは西アフリカの伝統太鼓 「ジャンべ(djembe)」を使ってリズムで誘導呼吸を行い、身体の隅々まで酸素を取り入れます。
一定時間、腹式リズム呼吸を行うことで脳内セロトニン分泌を促進し瞑想状態の中で潜在意識と繋がりやすくなり「今ここに在る自分」を感じることができます。

 ③15:30〜16:30 ドラム瞑想セラピー&機能改善ヨガレッスン 定員15名
ドラムセラピーは、西アフリカの伝統的な太鼓、ジャンベ(jembe)の誘導で腹式リズム呼吸を行います。
深く長くリズム呼吸を行うことで、抹消血管まで酸素を行きわたらせ、同時に幸福ホルモンの言われている脳内のセロトニンの分泌を促します。規則的なパルスを感じ、ジャンベの波動を感じながら、リズム呼吸を行うことでヨガのポーズをより心地よくスムースに行います。心地よい心と身体をジャンベの音色と共に手に入れましょう。

開催内容

【日時】2019年2月2日(土)
①13:00〜14:00 ドラムパーカッション体験レッスン 定員7名
②14:15〜15:15 呼吸と瞑想のドラムセラピー 定員15名
③15:30〜16:30 ドラム瞑想セラピー&機能改善ヨガレッスン 定員15名

【受講料】※月会費・チケットでもお支払い頂けます。差額をお支払いください。  
メンバー:2,592円(税込)
一般  :3,240円(税込)

【会場】 からだの学舎 Re-fit

詳細は以下のPDFでもご確認できます
pdfファイル 2019.2.2 ドラム瞑想セラピーベント

キャンセルポリシー

ご予約・お申込み

当施設は完全予約制となっております。
ご予約・参加お申し込みは以下ページよりお願い致します。

お送り頂いた後、スタッフが確認の上、平日2日以内に折り返しご連絡させて頂きます。
返信がない場合は送信エラーの可能性もございますので、お手数ですがその旨をご連絡頂ければ幸いです。

*必須記入項目
レッスン名、パーソナル名等*
参加日時 *
会員ステータス * 初めてのご利用(体験)メンバー(会員)Studio five 'f'メンバーいきいき・のびのび健康づくり協会会員ビジター(一般) 初めて施設をご利用の方は、レギュラーレッスンをどれか1つ1回、体験価格でご参加頂けます。
お名前 *
ふりがな *
返信先メールアドレス * ご連絡事項の内容確認メールを送信させて頂きます。
電話番号 *
住所 *
性別 * 男性女性
ご年齢 *
特記事項
* 再度内容をご確認のうえ、チェックを入れ送信してください。

カテゴリー

アーカイブ

このページのトップへ